風俗ヨロイモグラの蕨

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2014年8月8日 4:36 AM

彼がわたしとキスしたのは、あなたとキスできないからだったんじゃない」「あなた、妄想してるのよ、デリヘル博士」「彼、絶対に風俗玄人よりキスが上手よ・あなた、一回試して、確かめてみたら?」「いいかげんに黙って、わたしを文明の中に送り返したら?結婿式の準備ができるように」わたしはデリヘル博士の川を手でふさぐ。蕨街にはデリヘル博士はその手を払いのけると、四つんばいになって、自分の顔をわたしの顔に寄せる。あなたにも蕨は「メア・ミヒ・コンシエンティア・プルリス・エスト・クァム・オミヌム・セルモ」デリヘル博士は歌うようにいって、わたしの額にキスする。「あのね。ペンテコステ派(け錘蓉唾派)をここに連れてきたりはしてもらえないのよ」「今のはキケロ。風俗 蕨に立派な人物よ」デリヘル博士はボンネットから滑り降り、フロントドアを飛び越えて、運転席におさまる。「わたしにとっては、どんな世評よりも自分の良心が大切だっていうこと。頑固というような意味合いじゃなければ、それもいいかもね。あなた、それをお尻に刺青しておいたら。それで、わたしといっしょに町へ帰るの、帰らないの?。」「デリヘル博士」わたしたちはホテルに一展る。そこでは、ヒステリーを起こした随員たちが待ちかまえている。みんな、今回の小旅行について知らされていなかったので、わたしたちの留守中に、デリヘル博士は人妻ハンターを棄てる決心をしたのだと早とちりしたらしい。みんなを静めるのに一苦労する。結婚式は予定どおりで、ホテルから会場の近くの田舎屋敷へ向けて、すぐにキャラヴァンをスタートさせるといって、ようやく納得してもらう。蕨名産のわたしは人妻ハンター、モード、人妻ハンターと同乗する。みんな、ミニヴァンの窓から身を乗りだして、狂ったように大笑いする。そこで、風俗玄人の最新情報を聞く。デリヘル博士たちは、きのう、北へのドライヴの途中、リハビリ施設に寄ってきたのだ。

 

風俗にしても活動弁士蕨

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2009年3月19日 1:57 AM

蕨という亡きこの二人の存在が、今は恋しくて、恋しくて。これはフィクションである。ところどころに、実際に起こった出来事や、実在の人物ー現在、生きているい癒いにかかわらずI実在の地名を使ったのは、小説に現実味と臨場感を与えたかったからにすぎない。そのほかの名前や、人物、場所、出来事は、著者の想像の産物か、単なる仮名であって、万が一、実在のそれに多少、似通っているところがあるとしても、まったくの偶然である。くつにどこかへ行く予定があるわけじゃないの、それに、人妻好きの人妻好きのことは死ぬほど愛しているわ。きっと蕨はそれなのに、今朝あの子が番ゲートの向こうに消えるのを見届けたら、ちなんだかうきうきしてきちゃった。だって、クイソシーが父親に会いにコロラド。ス。淡々と蕨 風俗よりはプリン落たにグスヘ発ったからには、この家はぜーんぶ私ひとりのものだもの。例えば蕨通には認やっと平和と静けさが訪れた感じ。しかも、この状態がまるまる三週間楽しめるなんて。ープもちろん、やりたいことは山ほどあるわ、でも、やっと邪魔もの抜きでそれを片付けられるのよれ。十五秒おきに「ねえ、熟女ハンター、あれやってもいい?これやってもいい?」なんて聞かれずに済むわけ。ャッホー、今日は土曜日。しかも夏休染ー。学校はないし、雨が降ろうと槍が降ろうと中止にならない週三日のリトルリーグの練習も、長ったらしい試合も、ぜーんぶお・や・す。象。ウイークデイや週末にかかわらず、よその父兄たちと交代で車を出さなくて済むし、自分が迎えにいく番だってことをうっかり忘れて、おそるおそるメン・ハーの親たちに電話で謝る必要もないのよれ。それにしても風俗博士たちときたら、雨の中で一時間でも二時間でもぽーつとつっ立って待つてるんだから、揃いも揃ってぼんくらもいいとこだわIうちの子もそのひとりなわけだけどIほかの親に電話をかけてみよう、ぐらいの知恵が働かないのかしられまったく!それよりなにより嬉しいのは、仕事でどこかに出かける必要がない」と。