風俗にしても活動弁士蕨

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2009年3月19日 1:57 AM

蕨という亡きこの二人の存在が、今は恋しくて、恋しくて。これはフィクションである。ところどころに、実際に起こった出来事や、実在の人物ー現在、生きているい癒いにかかわらずI実在の地名を使ったのは、小説に現実味と臨場感を与えたかったからにすぎない。そのほかの名前や、人物、場所、出来事は、著者の想像の産物か、単なる仮名であって、万が一、実在のそれに多少、似通っているところがあるとしても、まったくの偶然である。くつにどこかへ行く予定があるわけじゃないの、それに、人妻好きの人妻好きのことは死ぬほど愛しているわ。きっと蕨はそれなのに、今朝あの子が番ゲートの向こうに消えるのを見届けたら、ちなんだかうきうきしてきちゃった。だって、クイソシーが父親に会いにコロラド。ス。淡々と蕨 風俗よりはプリン落たにグスヘ発ったからには、この家はぜーんぶ私ひとりのものだもの。例えば蕨通には認やっと平和と静けさが訪れた感じ。しかも、この状態がまるまる三週間楽しめるなんて。ープもちろん、やりたいことは山ほどあるわ、でも、やっと邪魔もの抜きでそれを片付けられるのよれ。十五秒おきに「ねえ、熟女ハンター、あれやってもいい?これやってもいい?」なんて聞かれずに済むわけ。ャッホー、今日は土曜日。しかも夏休染ー。学校はないし、雨が降ろうと槍が降ろうと中止にならない週三日のリトルリーグの練習も、長ったらしい試合も、ぜーんぶお・や・す。象。ウイークデイや週末にかかわらず、よその父兄たちと交代で車を出さなくて済むし、自分が迎えにいく番だってことをうっかり忘れて、おそるおそるメン・ハーの親たちに電話で謝る必要もないのよれ。それにしても風俗博士たちときたら、雨の中で一時間でも二時間でもぽーつとつっ立って待つてるんだから、揃いも揃ってぼんくらもいいとこだわIうちの子もそのひとりなわけだけどIほかの親に電話をかけてみよう、ぐらいの知恵が働かないのかしられまったく!それよりなにより嬉しいのは、仕事でどこかに出かける必要がない」と。