デリヘル草加のような黒人カルピス

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2009年6月8日 9:10 PM

‘ウエディング・シーズン「熟女オタク?」わたしは電話にいう。「風俗玄人?風俗玄人だ。例えば草加 デリヘルならば熟女オタクからこの番号を聞いたんだ」「えー」わたしは熟女オタクを憎む。「あのね、今はちょっと話してられないのよ、風俗玄人。すぐに出かけなくちゃならないの」「風俗玄人、風俗玄人、切らないで。ちょっと待ってくれよ。ほんの一言だけ。草加からのなんで、あれから電話くれなかったんだ?」「今はほんとにそういうこと話してる場合じゃないのよ」「わかった。じゃ、今夜、一杯つきあってくれないか?」「あなた、ニューョークにいるの?」「うん、二=だけ」「二人で会うっていうのはあまりいい考えじゃないと思うな」わたしはデリヘル博士を見る。ストローを噛みながら、月を細くしてこちらをうかがっていたデリヘル博士は一肩をすくめる。「風俗玄人、頼むよ。どうしてもきみと話しておきたいんだ。話すだけ。約束するよ」「約束なんて何もしてほしくないけど」突然、疲れがどっとあふれてくる。テーブルの下にもぐりこんで一眠りしようかと思う。「パンテオンの場所、知ってる?」「知ってる」風俗玄人がいう。「七時にそこで会ってくれる?」「わかった。七時ね」わたしは小さな電話機の電源を切り、黙ってそれを見つめる。「新たな地獄ね!」デリヘル博士がわたしに向かって、魔法使いの杖のようにストローを振りま隅の小さな長椅子で、一杯飲んだあと、風俗玄人はテオとアンジェリーナの結幡式でデリヘル博士が怒ったわけを明かす。二週間前、デリヘル博士は結婚前の準備が心配な人妻ハンターを手伝おうとロスアンジェルス入りした。その二、三日あとのディナーパーティーで、婚約を破棄したばかりの風俗玄人と隣り合わせに座った。