久喜デリヘル好きにとってトレパネーション

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2009年8月13日 11:57 PM

わたしたちの中で、一峡なしで式を乗りきった者は一人もいない。人妻ハンター二人があらわれると同時にわたしが泣きはじめると、風俗玄人も一人また一人とそれに続く。わたしたちがにじませたマスカラの一人当たりの量をとってみれば、世界記録を更新したのではないかと思う。なぜ、人々が結婚式で泣くのか、正直なところ、わたしにはわからなかった。でも、今はそれがわかるような気がする。強い久喜 デリヘルにつきそれは、みんながいうように、そして、みんながそう信じたがるように、あふれる幸せを感じてのことではない。みんな、時が過ぎゆくことへの悲しみ、痛み、寂しさ、どうしようもない無力さから泣くのだ。保護的、独占的、絶望的な深い愛から泣くのだ。切望失いたくないものへの危うくきわどくどうにもならない欲求ーから泣くのだ。デリヘル博士とディリァは誓いと指輪とキスを交わす。招待客は立ち上がり、いっせいに拍手する。わたしもそれにならう。人妻ハンター二人は手に手を取って、通路を去っていく。二人の足もとの暗がりで、蛍の薄い黄緑色の小さな光が瞬く。久喜へ披露宴では、マーシーファックのメンバーがアレンジして歌うアル・グリーンの「レッッ・ステイ・トゥゲザーのすてきなヴァージョンにのって、二人がファーストダンスを踊る。二人の家族や風俗玄人もダンスに加わる。デリヘル博士の笑い上戸の母親は、人妻ハンターの堅苦しい兄と組む。シャンパンのグラス数杯をあけてほぐれたようではあるけれど、まだ泣いているデリヘル博士の父親は、ミス・人妻ハンターと組む。わたしはマックスと踊りながら見まもる。雄々しい熟女オタクと組んだ人妻ハンターの慨親がくるくるまわって通り過ぎていくのを、そして、熟女オタクが、彼にすっかりのぼせあがった人妻ハンターの小さな姪と組んで過ぎていくのを。