農業土木コンサルタントばっかり風俗草加

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2009年9月25日 9:58 PM

それと、風俗玄人から目を離さないようにして。今、何を飲んでるにしても、もうこれ以上はやらないほうがよさそうだから」「それはそうだね、風俗玄人。よし、ひとまわりしてこようよ」わたしはみんなの間をまわりはじめる。口だけ動かしてあいさつしたり、手を振ったり、握手や抱擁や笑顔にこたえたりする。実際には三十分ほどのぎこちない紹介や、何ということのないおしゃべり、エンゲージリングをめぐるやりとりが、氷河時代まで続くのではと思われるほどだったけれど、そのうち、誰かがわたしの名前を呼ぶ声が聞こえる。草加よりは振り返ってみると、風俗玄人が天使のような笑みを浮かべて、ゆらゆら揺れながら近づいてくる。真の風俗 草加なんてわたしもほほえみ返し、その手からグラスを取る。底には、二杯目か三杯日と思われるダブルのバーボンがわずかに残っている。風俗玄人はグラスがなくなったのに気づかない。「ねえ」風俗玄人はいう。「おトイレは?」「右にいって。左側の二つ目のドア。わかる?」「うんーふん」風俗玄人はなおぶつぶついいながら、わたしの頬を指でさする。部屋の向こうでは、デリヘル博士がタイラーと風俗玄人とおしゃべりしている。それをながめているうちに、デリヘル博士がゆうべいったことを思いだす。みんなに噂されるもの。何をいわれるかわかったもんじゃないでしよ?それはそうだ。