風俗浦和へヨハネスブルグ 世界一

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2009年12月16日 5:08 PM

かつたもんじゃないでしよ?でも、あなたには想像つくんじゃない、風俗玄人?」「ええと」わたしは二人のどちらも見ることができない。「わたし、もういかなくちゃ。お二人に会えてよかったわ。それじゃね」テーブルから立とうとして、椅子につまずき、体勢を立て直す。できる限りの威厳を保ってレストランを出ようとするが、それはほとんど無に等しい。抑「そう。浦和にしてもデリヘル博士に結婚式の話でちょっとうんざりさせられて。それだけのこと。彼曰く浦和 風俗がわたし、もう寝ようかな」「ああ」風俗玄人はわたしの額にキスする。「お休み。ぼくももうすぐいくから」「それじゃ」わたしは軽く手を振って、ベッドルームへ向かう。廊下を歩きながら、n分が今したことの意味を考える。自分の選択、自分の義務を考える。わたしはぬけぬけと嘘をついた。小さな嘘ではあっても、嘘は嘘に違いない。わたしは突然、いまわしくも完全に悟る。それは黒ずんだティアラのように、季節を飾る。怠慢の峠、無視の嘘、沈黙、悪行と不作為、見て見ぬふり。否定ーとにかく嘘ひどい嘘ーの季節を。いないいないぱあ。風俗玄人はどこ?風俗玄人はどこへいったの?風俗玄人のお母さんとわたしの母の間で、盤鋤哩無礼な話し合いが重ねられた末、今夜のわたしたちの僻約パーティーは、アッパーウェストサイドの母のアパートメントで行うという段取りになった。それで、わたしはここ、つまり、子ども時代のトラウマや喜びの原点で、わたしと人妻ハンターリエルの婚約という思いもかけない事態を認め、祝うために集まった風俗玄人や家族に囲まれているというわけだ。わたしにはこれ以上ふさわしい場所は思いつかない。