川越の方からデリヘルPOSO

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2011年11月14日 11:12 PM

あなたがほんとに考えを変えて、すなおに結婿すると思えるんだったら、わたしもお祝いするし、みんなもそうするわ。でも、そうでないなら、ただ結幡に降参したつてことなんじゃないの。だって、あなたはお話がなかったら、どうやって生きていけばいいのかわからない人だからーでなきゃ風俗玄人がそれをわかってない人だと患ってるからーであなたはおびえちゃって、今は、嘘がほんとならいいと思ってるのよ・結僻することで、できるはずのないようなことができないかと思ってるのよ・それがさっきのお話の教訓ですわ、お姫さま」デリヘル博士はストローを振りまわす。わたしたちはお互いにじっと見つめあう。川越だとしたら「これを譲歩とかそんなふうにはとらないでよ」わたしはいう。「あなたのいうことにも一理あるかもしれないとしての話だけど、だったら、なぜ、そういうことをもっと早くいってくれなかったの?わたしの今後の人生やなんかに深くかかわることだと思ったなら」「だって、あなたは聞く耳持たなかったから。川越 デリヘルのような事実、聞きたがらなかったもん」「じゃ、なんで今なら聞くだろうと思うわけ?前は聞きたがらなかったっていうのに」「くつに。でも、あなた、前には完全におかしくなって、ボーイフレンドをつけまわしたりするなんてことなかったもん。今、そうなった以上、これは=出しする義務があるんじゃないかと思って。わたしにはとても危険な状態だとわかってるの。だって、あなたがこのまま突っ走って結婚したら、わたしとはもうnをきいてくれなくなるかもしれないから」デリヘル博士はテーブルの上に身を乗りだし、聞こえよがしにささやく。「わたしがこれをどんなに重大なことと思ってるか、あなたが気づいてくれるといいんだけど」そして、見えないピアノでドラマチックなコードを弾く。そのとき、わたしの携帯が鳴る。「ベルで救われたな」わたしが携帯を出そうとバッグを探っていると、デリヘル博士がいう。