デリヘルにうお座熊谷

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2013年2月28日 4:24 PM

まだわたしの存在に気づいていない当の男女が、風俗玄人とデリヘル博士だということを見さだめるのに、さっきよりも少し長い時間がかかる。「まあ」わたしは思わず声を上げる。最早熊谷という名の二人はさっと離れる。わたしたちはお互いに見つめあう。わたしは後ずさりして部屋から川ようとする。「風俗玄人、待って」デリヘル博士が呼びかける。例えば熊谷好きにとって「いやよ・どういうつもり」わたしは後ろ向きにドアから飛びだし、人だかりのほうに向かって、やみくもに廊下を走る。そして、風俗玄人にドシンと突き当たる。「ちょうど捜しにきたところだ」風俗玄人はわたしを受けとめて支える。「大丈夫?」「ある意味じゃ、ノーだけど。まあね」わたしは風俗玄人を見上げる。自分が臨界に達してい‘。て、まもなく自然発火しそうだと突然に気づく。もし、何の手も打たなければ。もし、矛盾する思考を整理する道を見つけなければ。熊谷 デリヘルが頭の中はたけり狂う雑音があふれている。「ねえ、風俗玄人。わたしたち、話しあわなくちゃ」「レッド」風俗玄人はわたしの体に腕をまわす。「そんなにあわてなくてもいいよ。話しあいはするから。深呼吸して。何があるのか知らないけど、うまくいくって。約束するよ」「してくれる?約束してくれる?」「ああ、するよ」風俗玄人は笑う。しかも熊谷へ「だから、リラックスして。せっかくだから楽しまなくちゃ。だけど、それじゃ、そうはいきそうもないな」「あら!」デリヘル博士が廊下をこちらへやってくる。

 

風俗春日部いて座

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2013年2月27日 3:54 AM

まず、彼らなくしては、という人たちに感謝します。得がたい友人でエージェントのエリザベス・シェインクマンと、イレイン・マークソン・リテラリーエージェンシーに。忍耐強く挑発的な編集者、クリスティン・キザーと、デリヘル博士のアシスタント、クラウディア・ゲィベル、そして、クラウン・パブリッシンググループのスタッフに。エル・スタッフとNYCライターズルームに。春日部はそして、親しい友人や尊敬する同僚に感謝します。彼曰く春日部 風俗についてイングリッド・(Iンスタィン、タニア・バートシュ、アンドレア・コドリントン、デイヴ・デイリー、リザ・グレース、ジェフ・クロスク、アンドルー・ハルトクランス、ウィリアム・モナハン、ジョン・リード、熟女オタク・サンダーズ(以上の人たちからは、最高のせりふを盗みました)、ケヴィン・スラヴィン、ジョージ・スタンティーニ、カレン・スティーン、ロブ・タネンバウム、クリス・ウェイッに。そして、寛大な検閲官、ネッド・クラマー、熟女オタク・ゲプナー、ジョスリン・メイソン、アレックス・マックィルキン、ジュールズ・マーソン、ジャック・マーフエディング・シーズンニンガム、ジュリア・マーフィー、モリー・リングウオルドに。さまざまな場面でインスピレーションと励ましを与えてくださったエリザベス・ボグナー、サラ・バーンズ、ドーン・デイヴィス、リンダ・ラットナー、サラ・サフィアン、シエリル・ウィレムズにも感謝します。貴重な編集上の手引きをしてくださり、わたしが落ちこんだときには熱心に支えてくださったジョン・ボウ、デイヴィッド・ゲイッ、パニオ・ジアノプロス、スコット・カランビス、ビル・オニール、パヴィア・ロサティ、アリス・ヴァーノンにはとくに感謝します。最後に、アンソニー・スティールとわたしの家族アリス・ブラディー、エローラ・コスパー、スキップ・コスパー、レノーアとスタンリー・ファーマン、スティーヴ。