川越風俗黒い太陽731

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2013年10月31日 4:40 AM

川越とは言いつつもだって、あと二、三年もすれば、カウチに並んで腰かけながらテレビを観るのを、ぜったい嫌がるようになるもの、それどころか、ちょっとさわっただけでも嫌がるわよ、きっと。キッチンを出てファミリールームに行き、赤い革製のラヴシートに座ってまわりを見わたすと、いろいろな素材のカラフルな調度品が目に入ってくるーカエデ色のプローリング、セロリ色のコンクリートの床、・ハー。フルのしっくい壁、緑青色のスエードのソファ、黒いオークの玉突き台、オフィスのナス色の革材の床それに、足元の銀色の石板ーカリフォルニアの古くさい小さな城を、何年もかけて自分のニーズや好みに合うように改造した成果よ、いろいろな装置をつけたり手を加えて、こんなふうに個性的なものを作り上げたわけ。でも、あんまり個性的だから、売ろうと思っても売れないかもね、くつに引っ越す気はさらさらないけど、今日こうやってつくづく眺めて桑ると、全部凝りすぎって感じで、圧迫感さえ覚えるのはなぜかしら、並んでる調度品のカラフルな色合いが、神経をさかなでする、昨日までは眺めるといつも気が休まったのに、なんだか今日はいらいらする。ここでは川越 風俗祭りの期間はこんなふうに座って、フェニックスがブルンブルンと身体を振って水気を飛ばすのを眺めているうちに、私も今日は少し水気を飛ばしてみようかな、なんて思ったりして。だけど、どんなふうに?何から始めればいいわけ?コーヒーテーブルを見おろすと、あらいやだ、人妻好きったら、筆記用具を忘れてったわ。