ダサソー名産のデリヘルであれ越谷

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2014年7月26日 11:16 AM

それを見て、わたしも、たぶん、結婚というのはこういうものなんだろうと思うようになりました。今、わたしはほかに考えようもなく、こう確信しています。きっと越谷などはつまり、あなたたち、デリヘル博士と人妻ハンターに何が起きても、そして、それがあなたたちの望んだとおりであるにしても、あるいは、今夜、今、ここでは予知できない事態であるにしても、きっといい結果が出ると確信しているのです。越谷こそそれで、さっきいった詩ですけど、これがその抜粋です」わたしはグラスをあげながら、人妻ハンター二人に語りかける。「作者が、自分の風俗玄人同士が結婚するときに、記念に書いたものです。ここでいう越谷 デリヘルからわたしもあなたたちに贈ります。詩人の祝福の言葉を」わたしはグラスをあ唯一座の人々を兇ますーデリヘル博士を見魯と。越谷っていうのがまた泣いている。人妻ハンターを見ると、デリヘル博士の手を握って、自分の頬に引き寄せ、厳粛な、それでいて有頂天という顔をしている。わたしの兄を見ると、わたしのビジネスパートナーとキスしている。さらに、風俗玄人みんな、知らない人たちみんなと見わたしていく。わたしは束の間、人妻ハンターのことを思う。そして、今、この瞬間がいつものよくある瞬間と同じであり、同時に、これまでに訪れた瞬間、このあと訪れるだろう瞬間とはまったく違うものであるように思う。そ人の思いはわからないけれども、今夜はすべてがわかりますあなたがたは海辺の家で半年暮らしわたしたちの腕の中の家で半年暮らすのでしょう未来をのぞいてみれば、あなたがたの幸せが見えますそれがわたしたちの幸せの兆しであれば幸せにつながる何かであればささやかでもすばらしい人の道であればいいのですがして、わたしはわたしなりに幸せなのだと思う。