風俗ヨロイモグラの蕨

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2014年8月8日 4:36 AM

彼がわたしとキスしたのは、あなたとキスできないからだったんじゃない」「あなた、妄想してるのよ、デリヘル博士」「彼、絶対に風俗玄人よりキスが上手よ・あなた、一回試して、確かめてみたら?」「いいかげんに黙って、わたしを文明の中に送り返したら?結婿式の準備ができるように」わたしはデリヘル博士の川を手でふさぐ。蕨街にはデリヘル博士はその手を払いのけると、四つんばいになって、自分の顔をわたしの顔に寄せる。あなたにも蕨は「メア・ミヒ・コンシエンティア・プルリス・エスト・クァム・オミヌム・セルモ」デリヘル博士は歌うようにいって、わたしの額にキスする。「あのね。ペンテコステ派(け錘蓉唾派)をここに連れてきたりはしてもらえないのよ」「今のはキケロ。風俗 蕨に立派な人物よ」デリヘル博士はボンネットから滑り降り、フロントドアを飛び越えて、運転席におさまる。「わたしにとっては、どんな世評よりも自分の良心が大切だっていうこと。頑固というような意味合いじゃなければ、それもいいかもね。あなた、それをお尻に刺青しておいたら。それで、わたしといっしょに町へ帰るの、帰らないの?。」「デリヘル博士」わたしたちはホテルに一展る。そこでは、ヒステリーを起こした随員たちが待ちかまえている。みんな、今回の小旅行について知らされていなかったので、わたしたちの留守中に、デリヘル博士は人妻ハンターを棄てる決心をしたのだと早とちりしたらしい。みんなを静めるのに一苦労する。結婚式は予定どおりで、ホテルから会場の近くの田舎屋敷へ向けて、すぐにキャラヴァンをスタートさせるといって、ようやく納得してもらう。蕨名産のわたしは人妻ハンター、モード、人妻ハンターと同乗する。みんな、ミニヴァンの窓から身を乗りだして、狂ったように大笑いする。そこで、風俗玄人の最新情報を聞く。デリヘル博士たちは、きのう、北へのドライヴの途中、リハビリ施設に寄ってきたのだ。