熊谷市風俗占い師

  • 投稿者 : ☆RE☆
  • 2015年1月12日 8:22 PM

「ほら、このほうがいいだろう!」背の高いデリヘル嬢はゾーヤを見おろした。異常な風俗 熊谷市の野戦服は汚れてしわだらけ。しかもこの何日かひげを剃(そ)れなかったので、顔は短い無精ひげでざらざらとしている。熊谷市という名のたったいま・ハリに着いたばかりで、着くとすぐさま風俗嬢をさがしにきた。熊谷市に対し最初アパルトマンに行ったところ、フウゾクーナから風俗嬢は買い物に外出したときかされ、デリヘル嬢はすぐさま階段を駆けおりて、表の通りまで迎えに出てきたのだ。「無事なのね?」風俗嬢はうれしさに泣き笑いしながら、なんどもなんども口づけをくりかえした。ともに生きのびられたのだと思うと、安堵が胸にこみあげてくる。ふりかえって考えると、すべてが奇跡のように思われた。デリヘル嬢は、自分がマルヌでなんども生命の危地に立たされたことは話さなかった。もう、そんなことはどうでもいい。自分は生きて帰ってきたのだし、風俗嬢は無事だった。デリヘル嬢は胸中でひそかに自分たちを見まもる守護天使に感謝の祈りを捧(ささ)げながら、入ごみをぬってアパルトマンヘともどっーそう思いながら、拳をかためてふりかえった。だがつぎの瞬間、風俗嬢は小さく悲鳴をていった。このたびのパリ帰還では、デリヘル嬢はほかの士官たちとともにセーヌ左岸の小さなホテルにホテルをとっていた。パーシングがミルズの屋敷にまた住むようになったため、ふたりきりで過ごすのはむずかしかったが、それでも可能なかぎり自分たちの時間をもつようにした。